ドッグフードを嘔吐するのは慌てているから?

ドッグフードの嘔吐は慌てすぎ?

愛犬がドッグフードを吐いてしまう原因として1番多いのは慌てて食べたからというものだと言われています。

 

特に1才?3才くらいまでのまだ小さいワンチャンは室内や室外で食べれる物の区別がつきにくいので、誤食や誤飲をしやすいです。

 

自分の飼っているワンチャンが嘔吐している姿はやはり可哀想になってきて心配なさるかもしれませんが、犬にとって嘔吐というのは人間ほど重大な症状ではないので、あまり心配なさらずに様子を見てあげることも大事になりますよ。

 

 

もし、慌てて食べた事が原因の嘔吐でしたら簡単に解決できる方法があります。

 

それは市販されている慌てて食べるのを防止してくれる食器を使うことです。

 

皆さんも見かける事があるかもしれませんがお皿の表面がでこぼこしたものは見たことがあるかもしれませんね。

 

これを使うことで飼っているワンチャンの嘔吐も少なくなると思いますよ。

 

 

>>ペット食器 早食い防止のおすすめはコチラ

他の嘔吐原因

ドッグフードを食べてしばらくしてから吐いたのにドッグフードが消化されずに原型を保ったまま出てきた場合は注意した方がよいです。

 

その場合すぐに動物病院などに連れて行ってあげるのが望ましいですね。

 

 

このようにドッグフードを消化しきれずに吐いてしまう時の原因は、食道や消化器官に腫瘍が出来てしまっている場合が考えられます。

 

この場合はワンチャンがぐったりしているや、嘔吐物に血が混じっていたりなどの症状がなにかしら見られるはずですので注意深く観察してあげてください。

 

ここからは、嘔吐と一緒に出るとちょっと心配な症状をあげていきます。

 

それはワンチャンが丸まって動かない、下痢をしている、嘔吐物から排便の匂いがする、発熱がある、歯茎が青から茶色みたいな色をしているなどです。

 

この場合はすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。

 

 

他に吐く原因はドッグフードが合ってない可能性があります。

 

ドッグフードの種類を変えた時期から吐く回数が増えたならそれが原因ということもありますので、注意深く観察することが大事になってきます。

 

犬によってはわざと吐いて体調を整えている犬もいて一概に吐いたら調子が悪いということではありませんので、嘔吐意外の症状を考慮して対処してあげてください。